私の豆乳ダイエットをはじめた理由

私が豆乳ダイエットを始めたきっかけは流行っているからではありません。ダイエットをしていると誰もが肌の不調や便秘といった悩みにぶつかると思います。
私もそんな仲間のひとりでありまして、年齢が上がるにつれ痩せにくい、かといって食事制限で肌トラブルこれをさけたい一心でした。

最初は飲みづらいと勝手な想像で敬遠していたのですが、ある時、豆乳豆乳を頂きためしに飲んでみたところそれはまるで抹茶のような風味で驚きました。
単に豆乳と言いましても葉の種類が違えば効果も違うわけでして。きな粉好きの私はきな粉を食べるので豆乳豆乳はやめて「DHC乳酸菌と酵素がとれるよくばり豆乳」をチョイスしました。

選んだ理由は、乳酸菌と酵素がとれる→便秘が治る→肌トラブルが治る。そしてお値段もお手頃だったからです。

勿論、飲んですぐに効果が現れるわけではありませんが、初日はお水で溶かして飲みました。くせはそんなに感じられず飲みやすかったです。そして、翌日は便秘が少しだけ改善されてました。飲み続けていて気がついたのは、食前に飲んでいるせいか個人的に食事の量が減ったような気がします。なのに便秘が改善というありがたい飲み物です。
私は特に飲みにくくなかったので特に何も加えることなく飲み続けていますが、飲み続けるのはいいことですね!便秘が改善され肌トラブルがなくなりました。
そして体重というかむくみがとれたことによりみんなに痩せたねと言われ嬉しかったです。

ぜひ一度豆乳ダイエットをしてみませんか。
シボヘールならダイエットできるか

ホットヨガの賛否両論

ホットヨガかなり流行しましたが、私も一時期ハマって週に3-4回行ってました。確かに汗をかくと気持ちがいいのですが、それ以上い体がものすごく柔らかくなるので、大いに無理してやっていたように考えられます。当然それで怪我しました。お尻の筋肉を傷めてしまったようで、それを直すのにすごい時間かかりました。理学療法士にかかっていたのですが、ヨガやめてくれといったいわれてしまったほどだ・・・。私としてはダイエット効果かなりあったので、やめたくなかったのですが、ひとたび怪我するといった癖になるし、暖かいスタジオの中でヨガのポーズすると常温の時から本当にストレッチしてしまうそうなのです。

やはりというのなら常温のヨガとしてくれといういわれて、しぶしぶ常温のヨガクラスに転向しました。先生がよければそれなりに楽しかったのですが、取り敢えずなんなく物足りなさを感じて、結局内緒にしてホットヨガに戻ってしまいました。今まで見たいに頑張らないで加減してやれば大丈夫・・・と勝手に自分を納得させてちょっとやってました。それでも怪我の悪化はなかったので、とにかく無理しなければ大丈夫だったようです。

ただ理学療法士の方にいわせるといったホットヨガで怪我して治療に来る人は増えているのだとか。筋肉があったまるので、なんとも無理叶うらしいです。ほどほどにすれば、当たり前ので、頑張りすぎないようにしましょう。conversaoaojudaismo.com